探偵作家・雑誌・団体・賞名辞典-そ-


宗左近(そう・さこん)

1919年(大8)生まれ。詩人・美術評論家。

別冊幻影城掲載誌:5/


左右田謙(そうだ・けん)

本名角田実。1922年(大11)、大阪市生まれ。早稲田大学商学部卒。別名伊勢三郎。角田喜久雄は遠縁にあたる。不在クラブ会員。
1950年(昭25)、本名で「山荘殺人事件」は「宝石」の百万円懸賞コンクールB級(中編)の部で一席入選し、「宝石増刊」に掲載。
1961年(昭36)に刊行した「県立S高校事件」から筆名に改めた。

幻影城掲載誌:21/幻影城ノベルス/


草野唯雄(そうの・ただお)

本名荘野忠雄。1915年(大4)、福岡県大牟田市生まれ。宝石賞受賞作家の親睦団体GEMの会会員。
1961年(昭36)、本名で「報酬は一割」が「宝石」の第二回宝石賞佳作となり、「宝石増刊」に掲載。
1962年(昭37)、筆名で発表した「交差する線」が第一回宝石中編賞を受賞し、「宝石増刊」に掲載。
さらに、三川中名義で、「架空索道事件」が小説サンデー毎日推理小説賞の佳作入選している。
1967年(昭42)、「失われた街」が第13回江戸川乱歩賞候補作となり、1968年(昭43)に「大東京午前二時」として「推理界」に掲載。さらに1976年(昭51)に「見知らぬ顔の女」として改稿されている。
1968年(昭43)、「転石留まるを知らず」が第14回江戸川乱歩賞候補作となり、1969年(昭44)に「抹殺の意志」として刊行。同時に1970年(昭45)には第23回日本推理作家協会賞の候補となる。
1969年(昭44)から日本推理作家協会書記局長に就任。
1970年(昭45)に刊行した「北の廃坑」が1971年(昭46)、第24回日本推理作家協会賞の候補となる。
1970年(昭45)に「推理」に発表した「たった一人の鉱山」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1971年版」に収録される。
1971年(昭46)に発表した「影の斜坑」が1972年(昭47)に第25回日本推理作家協会賞の候補となる。
1973年(昭48)に刊行した「爆殺予告」が1974年(昭49)、第27回日本推理作家協会賞の候補となる。
1974年(昭49)に刊行した「女相続人」が、1975年(昭50)に第28回日本推理作家協会賞の候補となる。
1974年(昭49)に「小説宝石」に発表した「甦った脳髄」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1975年版」に収録される。
天藤真大谷羊太郎との共同覆面作家、鷹見緋沙子名義で、1975年(昭50)に「死体は二度消えた」を発表。
1975年(昭50)に「小説推理」に発表した「トルストイ爺さん」が1976年(昭51)に第29回日本推理作家協会賞短編賞の候補となる。同時に日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1976年版」に収録される。
1980年(昭55)に刊行した「火刑の女」が、1981年(昭56)に第34回日本推理作家協会賞短編部門の候補となる。
1981年(昭56)に刊行した「山口線“貴婦人号”」が1982年(昭57)、第35回日本推理作家協会賞長編部門の候補となる。

幻影城掲載誌:7/日本長編推理小説ベスト99/


曽野綾子(その・あやこ)

本名三浦知寿子。1931年(昭6)、東京生まれ。聖心女子大学英文科卒。夫は三浦朱門。「霧の会」会員。
聖心女子学院高等科時代に中村与一主宰の同人誌「ラマンチャ」に参加。
1951年(昭26)、「ラマンチャ」に発表した「裾野」が臼井吉見に認められ、第15次「新思潮」同人となる。ここで三浦朱門を知る。
1954年(昭29)発表した「遠来の客たち」が1954年(昭29)の第31回芥川賞候補となる。
1954年(昭29)発表した「硝子の悪戯」「燕買ひ」「バビロンの処女市」が1954年(昭29)の第32回芥川賞候補となる。同時に「硝子の悪戯」は日本文藝家協会の「創作代表選集 第15巻(昭和29年後期)」に収録される。
1957年(昭32)に発表した「雪あかり」は日本文藝家協会の「創作代表選集 20(昭和32年前期)」に収録される。
1957年(昭32)、「宝石」に「ビショップ氏殺人事件」を発表。
1964年(昭39)、「長い暗い冬」を「別冊宝石」に発表。
1971年(昭46)に「小説新潮」に発表した「雪に埋もれていた物語」は日本文藝家協会の「現代の小説 1971年度前期代表作」に収録される。
1978年(昭53)に「小説新潮」に発表した「面変り」は日本文藝家協会の「現代小説'78」に収録される。
1987年(昭62)に「小説宝石」に発表した「雨の夜の聖母子」は日本文藝家協会の「現代の小説 1988」に収録される。
1993年(平5)、芸術院会員。


戻る進む